施設に入所して、皆幸せになったのに。

中野カコ  @nakak0
2018/04/30 00:27:54

自閉症の弟は毎日パニックしていた。
見通しの持てない日課、パニックしては怒鳴られ、赤ん坊の妹の声には耳をふさいで叫んでいた。我が家は家庭崩壊していた。

弟が小学校にあがる年、弟は障害児施設に入所した。約20年前のことだ。今みたいに脱施設なんて言われていなかった時代の話。

決まった時間に入浴し
決まった時間に食事が出され
決まった時間に消灯される日課

自閉症の弟には見通しの持ちやすい、施設での生活

それに加えてTEACCHプログラムという支援も受け、絵カード等を用いることで、弟の困り感は少しずつ解消されていった
職員さんは仕事として関わるので、少なくとも余裕のない父母よりは冷静で、優しく接してもらえていた

平日は施設ですごし、週末は家で過ごす弟の生活。
可哀想だの小さいのに酷いだの言われることはあった。
でも、毎日家庭で過ごしていた時よりも、弟の笑顔は増えていた。
弟とうまく距離を取れた父母や私にもゆとりが出来、週末帰ってくる弟には暖かく接することができた。

どこが可哀想なんだ。
弟が施設に入所して、弟も父母も私も、幸せになったのだ。
私たちの姿も見ずに、可哀想だと決めつけられることこそ、私たちの不幸だったに違いない。
#知的障害 #自閉症 #施設

この投稿からの通知を 受け取る
返信(4)

このコメントは会員のみ閲覧可能です。

このコメントは会員のみ閲覧可能です。

このコメントは会員のみ閲覧可能です。

中野カコ @nakak0
2018/05/14 12:02:01

@sibkotoAdmin
わー恐縮です。ご自由にどうぞ。

この投稿が違反している理由を教えてください
(※違反報告は匿名で報告されます)

このユーザーをブロックする理由を教えてください
(※ブロックはユーザーに通知されません)

すべて公開 会員のみ

すべて公開 会員のみ

通知

閲覧の確認

閲覧しようとしているコンテンツは、多くのユーザーが違反報告しており、不快な内容が含まれる可能性があります。閲覧を続けますか?