「きょうだい」の新聞連載の振り返りとこれから

かずこ  @kazu2018
2018/12/21 14:26:13

先日、朝日新聞に「きょうだいたち~やまゆり園事件から2年」という3日間の連載記事が掲載されました。

かずこ≒藤木和子は2日目の(中)に掲載していただきました。

【新聞記事】(デジタル版は会員でないと途中までしか読めません、汗)
(上)「障害者の兄」隠し続けた妹の葛藤、披露宴で出した答え
https://www.asahi.com/articles/ASL7L62GBL79ULZU00G.html

(中)弟に障害、私も不幸?自分の中の優生思想乗り越えたい
https://www.asahi.com/articles/ASL7D0PPQL7CUTFL00R.html

(※追記)
こちらのページで全文PDFがお読みいただけるようになりました。
https://note.mu/kozukazuko/n/n71a9179ad833

(下)最大限に生きる姿のそばで 「兄のため」目指した甲子園
https://www.asahi.com/articles/ASL7R5K6VL7RUBQU01N.html

三者三様で、私もそれぞれの記事に感じること、考えることがありました

私の記事については、今の35歳までの私の思いや伝えたいこと、伝えられることのほぼすべてをエッセンスに凝縮して書いてくださっています。
なので、ここからどうしていくかが本当の意味でのスタートだと考えているところです。

今はとりあえず前へ、先へ進みます。

これからも引き続き、弁護士、全国きょうだいの会の本部スタッフ、ファーストペンギン(若手会)の運営スタッフのひとりとして活動、発信していきます。

個人的にも、これはやめてほしかった、こうしてほしかった、こうしてくれてうれしかった、自分もこうすればよかったというのは、やはり発信して、多くの方と一緒に考えていきたいです。

そしてお互いに配慮しながら良い関係をめざした対話をしていけたらと思います。(たとえ最終的に分かり合えなくても、離れることになっても、互いにとってはそれが良い関係である場合もあります)。

どうして自分の一面にしかすぎない「きょうだい」がこんなにも大きくなってしまったのかは私にもわかりませんが、前へ、先へ進めばわかるかもしれません。

5年後、10年後、もし機会があれば出産のついての迷いなども含めて振り返りたいです。

その頃には、自分を含めたそれぞれ個々の状況も社会の状況も良い方向に進んでいるとそれぞれの個々人が実感できますように。

他の例を見ても、昔だったら何十年もかかったことが、今の多くの人が発信者になれるインターネットの時代では、5年、10年でできるのではないかと期待しています。

【ご感想のコメント・体験の投稿のお願い】
「きょうだい(シブリング)のコトをきょうだいの言葉で話そう」
きょうだいの方からの感想のコメント、もし自分ならこのような体験、思いや考えを記事にしてほしいなど、気分が向いた時やまとまった時でかまいませんので、
投稿やお問い合わせ等でお待ちしております。

(参考)
【Sibkoto運営者5人インタビューの特集記事】
https://sibkoto.org/articles

運営者5人にそれぞれの背景、考えがあるのがとても良いところだと私は感じています。
ーーーーーーーーーー
かずこ/シブコト運営者藤木和子インタビュー記事
https://sibkoto.org/articles/detail/6
ーーーーーーーーーー
#家族関係
#学校生活・進学・就職
#恋愛・結婚・出産・育児
#感想・レビュー
#その他

この投稿からの通知を 受け取る

この投稿が違反している理由を教えてください
(※違反報告は匿名で報告されます)

このユーザーをブロックする理由を教えてください
(※ブロックはユーザーに通知されません)

すべて公開 会員のみ

すべて公開 会員のみ

通知

閲覧の確認

閲覧しようとしているコンテンツは、多くのユーザーが違反報告しており、不快な内容が含まれる可能性があります。閲覧を続けますか?