2019.01.27

シブリングサポーター研修ワークショップ in 和歌山和歌山県

誰でも参加OK 講義&ワークショップ

病気をもつ子どもの「きょうだい」の支援をひろげるための、
「シブリングサポーター」研修ワークショップを和歌山で開催します。

「シブリングサポーター」は、病気や障がいをもつ子どもの「きょうだい(sibling)」の応援団。きょうだい支援の輪を広げることを目的に研修ワークショップを開催しています。
(2018年10月現在380名のシブリングサポーターさんが全国にいます)

病気や障がいをもつ子どもの「きょうだい」支援の活動を始めたいのだけど…
自分のスキルをきょうだい支援に生かしたい!
病気や障がいをもつ子どもじゃなくてきょうだいにも応援が必要なの?
…こんな方々におすすめの研修ワークショップです。

会場:Pickこども体育館(和歌山県和歌山県和歌山市向144-15)
※体育館は土足禁止です。上履きをお持ちください。

■第1部 10:00~12:30(9:45開場)
定員30名程度 
・第1部のみの参加で「シブリングサポーター」として認定されます
・参加費2,000円
(テキスト、修了証ピンバッジ、「この施設にはシブリングサポーターがいます」ステッカーつき)

講義「きょうだいの気持ち」
講師:清田悠代(NPO法人しぶたね 理事長)
特別なニーズのある子どもの「きょうだい」の持ちうる悩みや思いについて、講義とグループワークを通してみんなで学びます。

講師プロフィール
NPO法人しぶたね理事長。社会福祉士。心臓病の弟を亡くした経験を契機に2003年11月ボランティアグループ「しぶたね」を立ち上げ,病気の子どものきょうだいへの支援を開始。2016年9月NPO法人化。全国各地で講演活動,シブリングサポーター(きょうだいの応援団)研修ワークショップを開催し,きょうだい支援の種を蒔き続けている。

■第2部 13:30~16:00
定員15名 (第1部第2部合わせて参加費は4,000円です)
ワークショップ「きょうだいの日」を体験しよう!
※午前中の講義に出席された方が対象になります。
走って笑ってあそびきる、小学生きょうだいのためのワークショップ「きょうだいの日」を大人同士で体験しながら、盛り上げポイントや注意が必要なところ、みんなで過ごす楽しさなどを共有します。動きやすい服装&靴でどうぞ!

-----
子どもたちが安心の中で「子ども時代」を大切に生き、自分を大切にできる大人になっていけるように、私たち大人が手伝えることがたくさんあります。みんなで楽しくつながりましょう!
-----

詳細は「こくちーず」をご覧ください。
https://www.kokuchpro.com/event/ssw19waka/?fbclid=IwAR3vcaiHpwMedFBXEfunFliIfsEOxsznXFwUQVc6tQ49AIJMIdznpwKGHwI


主催者:和歌山シブサポ実行委員会×しぶたね

通知

閲覧の確認

閲覧しようとしているコンテンツは、多くのユーザーが違反報告しており、不快な内容が含まれる可能性があります。閲覧を続けますか?