2021.11.28

第15回 KHJ全国大会 (オンライン大会)のご案内東京都

誰でも参加OK 不登校・ひきこもり

●第15回 KHJ全国大会 (オンライン大会) 
~KHJ全国ひきこもり家族会連合会・実践交流研修会~
(主催者:特定非営利活動法人 KHJ全国ひきこもり家族会連合会)

社会に暮らす私たちひとりひとりが、これからの生きやすい社会をめざして立場を分かたず共に考える「全国交流研修会」です。
本大会では、特に「制度の狭間にあるひきこもり支援」の現状を見つめ、誰もが取りこぼされず、生きる安心と希望を見出していける社会を考えます。
みなさんと一緒に未来の一歩を考えてまいりたいとおもいます。

【テーマ及びプログラム】
 「ポストコロナ 新しい社会を創る~すべての人が生きやすい社会をめざして~」

【日  時】 2021年11月27日(土)~11月28日(日)
【対  象】 ひきこもり本人・ご家族・支援者・行政関係者、ひきこもりに関心のある方
【定  員】 500名
【参 加 費】 おひとり2,000円(資料代込) 当事者無料
【会  場】 開催方法 ZOOMを使用したオンライン配信(当日参加及び後日視聴も可能)
【締 切 日】 定員に達し次第、締め切り
【参加申込】 プログラムの詳細やお申し込み方法等については下記ホームページを
      ご確認ください。
           ↓↓
      イベントホームページのURL https://www.khj-h.com/taikai2021/


※大会2日目: 第4分科会「8050等の諸課題と兄弟姉妹の会の意義」について

11月28日(大会2日目)の第4分科会では「8050等の諸課題と兄弟姉妹の会の意義」を開催します。
ひきこもりの家庭…特に8050状態では、本人のひきこもり状態に加えて、親の要介護や生活困窮といった様々な課題が複雑に絡むことが多々あります。兄弟姉妹にとっては自分の家庭のことや仕事のことと合わせて本人とどう関わっていくか、加えて高齢の親との関係性など複合的な悩みを有していて、その悩みを誰にも話せない方も少なくありません。
今回の分科会では「兄弟姉妹の会」の意義と必要性について、会の担当者と兄弟姉妹の立場からシンポジウム形式で発表を行います。同じ兄弟姉妹の分かち合いの効果、8050、社会資源の活用、遠隔地の本人との関係など、兄弟姉妹の立場から本人や家族との関わり方を共に考える機会になれば幸いです。



【問合せ先】
特定非営利活動法人 KHJ全国ひきこもり家族会連合会 本部事務局
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3-16-12-301 info@khj-h.com
電話受付時間 平日13時~19時 
TEL:03-5944-5250 / FAX:03-5944-5290

通知

閲覧の確認

閲覧しようとしているコンテンツは、多くのユーザーが違反報告しており、不快な内容が含まれる可能性があります。閲覧を続けますか?