2019.07.28

『家族をみんなでカンガエルー』東京都

聴覚障害と家族 どなたでも参加可能

『家族をみんなでカンガエルー』プロジェクトキックオフミーティング

日時:7月28日(日)14時~17時
場所:東京都障害者福祉会館A2(定員30名)
参加費:1500円(1名)、家族ペア2000円(2名)、当日空きがあれば+500円でお受けします。
情報保障:手話通訳、字幕(検討中)

総合司会:藤木和子(聞こえないきょうだいをもつSODAソーダの会代表(弟に聴覚障害)、弁護士、30代)
パネルディスカッション進行:伊藤芳浩(IGB理事長、会社員、聴覚障害当事者、聞こえる子どもの親の立場でもある、40代)

パネラー
・南村洋子先生(聴覚障害児とともに歩む会トライアングル元教育部主任、親の立場、大塚ろう学校講師)
・小谷野衣久さん(会社員、聴覚障害当事者、30代)
・丸田健太郎さん(大学院生、SODA(姉と弟に聴覚障害)、20代)打診中
・CODAコーダ(聞こえない親を持つ子どもの立場)調整中

テーマ
①学校、職場でのコミュニケーションバリアに先んじて存在する『家族のコミュニケーションバリアの解消』
②成人世代の聴覚障害当事者と家族の『体験と知恵の承継、そのための連携』 グループディスカッションの時間も取ります。

詳細・申込
https://family-kangaeroo.peatix.com/

(参考)
7月28日午前の関連イベント
「家族の思いと願いに目を向けて」
 ファシリテーター:森せい子(聴力障害者情報文化センター 施設長)
 助言者:片倉和彦氏(双葉会診療所院長)
 CODA~子の立場から:山本美代子氏(手話通訳士/行政設置通訳者)
 SODA~姉弟の立場から:藤木和子氏(SODAの会代表/弁護士) 

詳細・申込
http://www.jyoubun-center.or.jp/2019/04/3917/


主催者:聴覚障害のきょうだいをもつSODAソーダの会

通知

閲覧の確認

閲覧しようとしているコンテンツは、多くのユーザーが違反報告しており、不快な内容が含まれる可能性があります。閲覧を続けますか?