2019.05.11

グラフィックファシリテーションを用いたワークショップ富山県

きょうだい限定 グラフィックファシリテーション 富山県砺波市

北陸きょうだい会では、障害者の「きょうだい」(障害のある兄弟姉妹がいる方)を対象としたカフェやイベント等を開催しています。
次回は、一般社団法人Ponteとやまデザイン出版部の山口翔太さんをお迎えし、グラフィックファシリテーションという手法を用いて、参加者の体験や気持ち等をその場で描き出してもらいます。山口さんは、知的障害と身体障害のお兄さんがいる弟の立場でもあられます。
発言せずに聴くだけでもOKです!きょうだいの皆様、ぜひご参加下さい!

日 時:2019年5月11日(土)14時〜17時

場 所:みやのもりカフェ(富山県砺波市宮森303)
*アクセスはこちらをご参照ください
https://ponte-toyama.com/cafe/

参加費:1000円(学生500円)
*お茶が付きます。ケーキ、コーヒー等は実費でお願いします。

対 象:概ね18歳以上の「きょうだい」(障害のある兄弟姉妹がいる方)

申 込:北陸きょうだい会のホームページ内「お問い合わせ」からお願いします。
https://hokuriku-kyodai.org/

締 切:2019年5月4日(土)
*定員に余裕があれば、締切後も受け付けます。

■グラフィックファシリテーションとは?
会議や話合いの内容を、その場でグラフィック化し、場の活性化・話し手の主体性を育むことを目的とした“場”の見える化の技術です。実際の話合いの場で、グラフィックをツールとして、グラフィックに描き込んでもらうなどして、話合いを進めていきます。
会社内での会議や打ち合わせ、セミナーや研修会、トークイベントや座談会、カウンセリングなど、幅広い業界・現場で活用されています。


主催者:北陸きょうだい会

通知

閲覧の確認

閲覧しようとしているコンテンツは、多くのユーザーが違反報告しており、不快な内容が含まれる可能性があります。閲覧を続けますか?