2019.03.10

聞こえる・聞こえないと家族、一緒に話そう、考えよう!東京都

聴覚障害の家族 聞こえる・聞こえないは不問 親子・祖父母も歓迎

「聞こえる・聞こえないと家族一緒に話そう・考えよう!」
~ファミリーコミュニケーションギャップバスター~
(第2回 聴覚障害のきょうだいをもつSODAソーダの会)

第1回のソーダ・デフ「きょうだい」座談会はNHKで放送されました!
「ろうを生きる、難聴を生きる」(2019年2月2日)番組HPに全文ダイジェストあり
https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/rounan/915/

日 時:2019年3月10日(日)14時50分集合(15時~17時)
会 場:東京都内(池袋駅周辺) 
対 象:「聞こえる・聞こえないと家族」を経験した方であれば、どなたでも歓迎
    親・子ども・きょうだい・祖父母・パートナーなど
    未来や次世代、子育て中の親御さんにつなげる趣旨にご賛同ください
募 集:30名(現在、15名の申込があります)
参加費:1500円(会場・飲み物、情報保障等込)、中学生以下500円(飲み物代のみ、親同伴)
申込み・問い合わせ:fujikikazuko1225@yahoo.co.jp
申込みは3月3日(日)まで…その後はご相談ください。

進行:藤木和子(聴覚障害のきょうだいをもつSODAソーダの会代表、弁護士)
情報提供者・座談会ファシリテーター:
小谷野依久(会社員・難聴者)
丸田健太郎(大学院生・ソーダ)


聴覚障害のきょうだいをもつSODAソーダの会とは?
「Sibling(シブリング) of Deaf」。聴覚障害のきょうだい(兄弟姉妹)をもつ聞こえる子ども・大人のことをいいます。2018年、「ただ、会ってみたい、話してみたい」という気持ちで「難聴の弟をもつ健聴の姉」の代表が設立しました。


主催者:聴覚障害のきょうだいをもつSODAソーダの会

通知

閲覧の確認

閲覧しようとしているコンテンツは、多くのユーザーが違反報告しており、不快な内容が含まれる可能性があります。閲覧を続けますか?