2018 . 11 . 02

「“きょうだい”だから弁護士になった私」が今伝えたいこと

 Sibkoto運営者の1人であり、聴覚障害がある弟をもつ藤木和子さん。「“きょうだい”だから弁護士になった」という彼女が今伝えたいこと、原動力、Sibkotoへの思いをインタビューしました。

Image

藤木 和子 さん  (Sibkoto運営者、法律事務所シブリング代表弁護士)

1982年生まれ。2012年弁護士登録。聴覚障害と手話、家族関係を専門。優生保護法弁護団。本業の傍ら、Sibkotoの運営に携わる。2018年、法律事務所シブリング(英語で兄弟姉妹の意味)を立ち上げ、独立。全国障害者とともに歩む兄弟姉妹の会、若手を中心とするファーストペンギン、聴覚障害のきょうだいをもつSODAソーダの会の運営にも携わる。大学の講師の他、自治体、学校、団体等で研修・講演活動を行う。

”きょうだい”としての自分の思いや考えを伝えたくて、弁護士に



Image

課題はいろいろとありますが、もう迷わず、シンプルに



5歳できょうだい児に
 私が“きょうだい児”になったのは、3歳下の弟の耳が聞こえないとわかった5歳の時でした。2人姉弟です。
 
迷走しながら29歳で弁護士に
 私が迷走しながらも29歳で弁護士になったのは、やはり、子どもの頃から「”きょうだい”としての自分の思いや考えを世に伝えたい」という気持ちをどこかに持っていたからだと思います。
「“弁護士”である前に“きょうだい”」が私の原点です。自分の迷い、壁、課題を感じながら体当たりの数年間でしたが、最近、少しずつですが、講演やメディアなどでも発言の場をいただけるようになり、ようやく出発点に立てたと感じています。

「私の中の優生思想乗り越えたい」(朝日新聞2018年7月23日)
(記事PDFをリンク先のページに掲載しています。)

 主な講演・メディア掲載等について


Image
お姉ちゃんらしくなく、遊びもけんかも本気
 私と弟は遊びもけんかも本気で”きょうだいは対等”だと強く意識してきました。
「お姉ちゃんは聞こえるのだから弟の分も頑張れ、助けてあげて」という周囲には「弟は弟の分を頑張っている、弟だって私に助けてもらうのは嫌だろう」という違和感がありました。

弟とのコミュニケーション方法
 弟とは、口をゆっくり大きく開け、表情や身振りを付けて話していました(今は手話)。そのため、私は話すのがゆっくりで表情や身振りがオーバーだとよく言われます。

“きょうだい”の活動に対する弟の反応
 当初は活動をしていいのかかなり迷いました。こちらをお読みください。
 弟や聴覚障害のある知人や友人が私のきょうだいとしての活動を理解してくれること、率直な思いや体験を語り合ってくれることに何よりも感謝しています。聴覚障害のきょうだいはSODAソーダ(Sibling of Deaf)というようです。

聴覚障害のきょうだいをもつSODAソーダの会
 Sibkotoの投稿ページ。現在全国で15名程がつながっています。聴覚障害の親をもつCODAコーダ(Children of Deaf Adult)と連携しています。

【告知】2019年1月14日に初!の集まりを開催します。詳細はSODAの会のページをご覧ください。

実は・・・私が弁護士になった”本当の理由”


“きょうだい児”と”跡継娘”に 
 あまり言いたくない気持ちもあるのですが、私は埼玉の地元の“弁護士の娘”で、”きょうだい児”になったのと同時に人生が変わり、”後継娘”になってしまったという感覚があります。それが「”きょうだい”だから弁護士になった私」の直接的な意味です。

”父の娘” 
 弟と母が療育などに行っている間、私は父の仕事によく付いていきました。父は故郷を出て、努力を重ねて弁護士になり、とてもエネルギッシュな性格。アニマル浜口さん、京子さん父娘を見て他人とは思えないものを感じていました・・・。
 今も”きょうだい”としての活動に一番厳しく熱いコメントをくれるのは父で、逆に一番受容的なコメントをくれるのが母です。

Image

私の実感ですが、”きょうだい”も”家業”も「将来はよろしくね」は重なる部分がある課題だと思います。



「まずは弁護士の試験に受かるしかない」



Image



物心付いた時から考えていたこと  
 私は、反発しながらも「父のために頑張ってあげたい」「勉強を頑張ることで、自分自身と弟、家族を差別や偏見から守りたい」という家族への気持ちと「私は弟から何かを取ってしまったのではないか」という罪悪感が交錯していました。また「私も弟も将来どうなるのか、ちゃんとした大人になれるのか、幸せになれるのか、結婚したり家族は持てるのか」と不安でした。
 そこで、すべてを振り切るように、「まずは弁護士の試験に受かるしかない」と全力でアクセルを踏みました。

大人になったきょうだい児として伝えていきたいこと  
 私と弟の未来像、SOSを発信する力と適切な相談相手、差別や偏見への対応方法などのほしかったものやしてもらってうれしかったこと、自分でもこうすればよかったことなどを伝えていきたいです。
 私、家族の遠回りを一例に、子育て中の親御さんや学校の先生などの周囲の大人の方、次世代のきょうだいの方に、反面教師として参考にしていただければ本望です。

”障害や病気のある子どものきょうだい”について先生方に知っていただきたいこと
(明治図書HP 教育オピニオンに掲載)

迷走



Image

高校生の頃、明るく楽しければ何でもいいと思っていました。



”将来の夢”と迷走
 小学校の卒業文集の”将来の夢”は弁護士と書きましたが、弁護士の試験に合格したら合格証書を置いて実家も地元も出たかった時期もありましたし、反動で全く勉強しなかった時期もあります。
 高校生で留学して家を飛び出しました。その後、必死に勉強して東大に入りましたが、法学部から転部を考えて留年したりと迷走を続けました。
 今から思うと、私は私で”理解”されたいという強すぎる”期待”と”甘え”がありました。原動力ではありましたが、いつも自分のエネルギーの多くはそこに取られ、本当に自分がほしかった”理解”や”家族””未来像”を手に入れるために適切な言動はできていませんでした。

人生の岐路
 27歳で弁護士の試験に合格した後も、地元で父と働くか、都内で就職するかで大きく揺れました。父とも何度も言い争いになりました。
 就活でも話すのをためらっていましたが、私が弁護士になったのは「”きょうだい”だから」がやはり大きく、「悔いのない決断をするために、可能性があることは何でもしよう」と考え、きょうだいの集いに駆け込みました。

”きょうだい”にたどりつき、自分を見つけた


”きょうだい”の人生の先輩に出会えた
 正直、私の課題に対して適切な助言がもらえるかどうかは半信半疑だったのですが、話し始めてみると、すぐに「ずっと探していた場所だ!」「”きょうだい”としての生き方を教えてくれる場所だ!」とわかりました。
 もっと早く”きょうだい”に出会っていたかったという思いとその時が私のタイミングだったのだという思いの両方があります。

私の選択
 ”きょうだい”にたどりつき、”普通の世界”で”普通の人”としてはもう十分頑張ったと思えました。これからは“きょうだい”として仕事をしていきたいと考えました。
 聴覚障害のある弁護士にも会いに行き、最終的には、地元で父と働く傍ら、”障害の世界”に関わり、狭間の中で”きょうだい”としての道を探していくという第3の選択をしました。結論ではなく、自分が納得できたことが大事でした。
 弁護士になってからも迷走は続きましたが、それはまた別の機会にお話します。

 私も運営の一員として、都内で開催するようになったきょうだいの集い”ファーストペンギン”の参加者は80名を越えました。

Image




「”きょうだい”だから弁護士になった私」が今伝えたいこと



Image

当たり前だと感じる方もいるとは思いますが、最終的にこの”出発点”にたどりつきました。



子どもの頃の私に伝えたい”出発点”
 私の場合は“将来の夢”と”進路”が大きなテーマでしたが、”きょうだい”であってもなくても、自分の人生や幸せは自分で”選択”する権利があること、兄弟姉妹の扶養等を含め、親や周囲、社会からの”期待”は義務や強制でないという”出発点”を子どもの頃の私には伝えたいと思います。
 義務ではないということは、良い/悪い、正しい/間違い、許される/許されないではなく、自分の意思で自発的にするか/しないかを”選択”することが”出発点”だということです。もちろん、”きょうだい”に限らず、全員がそうです。
 家族が互いに考えていることを知り、むりのない範囲で良い方向へ進めるよう一緒に考えていけるきっかけになる機会を親御さんのご協力をいただきながら企画中です。
 きょうだいも”期待”されるだけでなく、周囲や社会へ”期待”を持ち、適切な形で伝えていっていいのではないか、”きょうだい”が自分の思いや考えを自由に言える社会は誰もが生まれてよかったと思える社会につながっていくのではないか、と私は思うようになりました。

”兄弟姉妹の扶養義務”
 ”兄弟姉妹の扶養義務”は、民法の教科書的に説明すると、親の未成年の子に対する最後のパンの一片まで分け与えるべき生活保持義務とは異なり、自分を犠牲にする必要はなく、自分の身分にふさわしい生活をしてもなお余りがある場合に経済的な援助をする生活扶助義務にとどまります。身辺の世話は義務に含まれません。そもそも、諸外国と比較して、兄弟姉妹を扶養義務者とする立法例は珍しいようです。



ちなみに、結婚は弁護士になるよりも難しかった


結婚は”将来の夢”だった
 障害関係の仕事で出会った夫とは32歳の時に結婚しました。詳細はこちらをお読みください。

結婚は選択のひとつ、自分の求める幸せや未来のために
 結婚は、”きょうだい”であることを相手やその家族にどう伝えるか、将来設計など、他の人にはなかなか話すことができないきょうだい特有の大切な課題がつまっています。「きょうだいの私、結婚どうする?~リアルに語る結婚観~」(2018年11月10日)という試みも行います。
Image

※追記(2019年1月1日)
当日は100名以上のきょうだい、パートナー、親子の方々が参加、NHK645で放映していただきました。参加レポートはツッコミどころが満載です(笑)。

きょうだいの私、結婚どうする?参加レポート

Sibkotoへの思いと可能性


単純ですが、インターネットってすごい
 私自身、きょうだいの集いに月1回程度参加していた頃に比べ、このSibkotoTwitterFacebookなどで“きょうだい”に関する多くの情報、ヒントや新しい気付き、支えをもらえるようになり、大きく変わりました。

いつかはSibkotoも1万人集まれば・・・!
 また、日頃、全国に会員数万人規模の障害者関係の団体の発言力、影響力を目の前で見ていると、「いつかはSibkotoも1万人集まれば・・・!」と思ってしまいます。障害のある先人の方々からは社会は変えられることやその方法と課題、人生の深さとそれを面白いと楽しむことを教えていただきました。私の”きょうだい”としての活動についても「”きょうだい”の課題は”障害”の課題の本質だ」と応援いただいています。
 今は1万人と言うと笑われていますが、平成29年度障害者白書の範囲だけでも、日本の障害のある方は約860万人。
 Sibkotoの対象とする”障害”はさらに広いので、“きょうだい”、“きょうだい児”という言葉、情報が必要な人や場所に届けば、数年間できょうだいの会員(無料 詳細はこちら)1万人は現実的な数だと私は本気で考えています。また、時代柄、おい、めい、いとこの方も歓迎しています。層が広がることで障害種別、地域、年齢、共有したい体験や気持ち、必要な情報やヒントなどの細分化したニーズにもマッチしていくのではないでしょうか。

障害のある人と育った「きょうだい」へ 弁護士らが交流サイト(毎日新聞2018年12月19日)

「きょうだい(シブリング)のコトをきょうだいのコトバで語る」
 Sibkotoの運営者も、これまでのインタビュー(こちら)の通り、それぞれが異なる背景、思いや考えを持っていますが、話し合い、試行錯誤しながら運営をしています。Sibkotoシブコトの場を一緒に育てていただけたら大変ありがたいです。投稿やこんなことを知りたい、やってみたいなどのリクエストをお待ちしています。

Image

Sibkotoは2018年4月にスタートして、10月末現在できょうだいの会員数は約300人です。




※追記(2019年1月1日)
現在のきょうだいの会員数は約400人です。

新たな”出発点” 迷わず、シンプルに


“きょうだい”を看板に 
 先日、”法律事務所シブリング”を立ち上げ、独立しました。”シブリング(Sibling)”は英語で”兄弟姉妹”という意味で、“きょうだい”を看板に掲げました。これからも”弁護士”である前に”きょうだい”です。
 
新たな出発点 
 きょうだいの先輩方がこれまで作り上げてくださった成果を受け取りながら活動できることにとても感謝しています。
 現在の流れとひとつひとつの機会を大切にして、迷わず、シンプルに進んでいきたいと思います。

Image




プロフィール・講演等の仕事依頼の連絡先はこちら

通知

閲覧の確認

閲覧しようとしているコンテンツは、多くのユーザーが違反報告しており、不快な内容が含まれる可能性があります。閲覧を続けますか?