2020 . 06 . 19

KHJひきこもり兄弟姉妹の会 担当者の体験や思い【中編】

KHJひきこもり兄弟姉妹の会の担当者の一人であり、ひきこもりの経験がある深谷守貞(ふかやもりさだ)さん。深谷さんの体験や思い、KHJ全国ひきこもり家族会連合会、KHJひきこもり兄弟姉妹の会の活動についてインタビューしました。【中編】では、KHJひきこもり兄弟姉妹の会の活動内容やきょうだいの声についてまとめました(担当:Sibkoto運営者 松本理沙)


きょうだいの扶養義務と関わり


ほとんどの方が「先取り不安」や困り事を訴えて会に参加されます。親が抱え込んでしまって動かない、親が高齢で動くことができない、親亡き後は自分が面倒を見なければいけない、親が要介護状態になってしまったら…、このような先行きの不安、具体的な困り事が生じて、それが会への問い合わせや参加動機であるケースが多いです。

先取り不安への対応としまして、全ての参加者に「きょうだいの扶養義務」についてご案内をしています。扶養義務には「保持義務」と「扶助義務」という2つの解釈があります。「保持義務」とは、自分の生計を削ってでも相手を扶養しなければいけない義務のことで、「保持義務」が適用となるのは原則として、夫婦関係と20歳未満の子どもが該当します。

きょうだいは「扶助義務」なんです。あくまでも自分の生計に余裕があった場合には扶養義務が生じるという解釈になります。ですから親代わりに扶養する義務はないし、それが「あくまでも自分の生活を第一に考えて、精神的にも経済的にも余力・余裕のところで関わって欲しい」という提案の根拠にもなります。

「扶養義務」の範囲と解釈をご説明することで安心される方は多いです。親ではないですし、事実、きょうだいは親代わりにはなれません。ですから、余力・余裕のところでの関わり方を一緒に考えていきましょう、とお気持ちの吐き出しを通じて考え方の整理を促し、社会制度の活用でご自身の生活を大切にしていって欲しいとご案内をしております。

しかし、その余力の部分というのはどういうことなのか、ひきこもり本人や親との距離感のところでも苦しみが生じることも事実なのです。道義的なところで「どこまで関わればいいのか」という苦しみが生じます。親戚や第三者からの遠慮のない声があったり、それ以前に「血を分けたきょうだいだから…」という道義的責任感からの思いを訴える方もいらっしゃいます。会ではそういう思いを尊重し、お気持ちに寄り添いながら距離感についても共に考えていきます。

ひきこもり本人からの暴力行為に悩まれる方もいらっしゃいます。また先取り不安が高じて、例えば、大きな犯罪を起こすのではないか、という懸念を訴える方もいらっしゃいます。自分のきょうだいがひきこもっていることが原因で恋人と別れてしまったとか、自分の人生設計がひきこもり本人のせいで狂わされた等の負の気持ちを持って来られるケースもあります。ひきこもり本人に負の感情を抱えてしまう自分自身を、自ら責めてしまうきょうだいも少なくありません。

ひきこもっている本人や親等に対する様々な思いを正直に話せる場、それがKHJ「兄弟姉妹の会」の目的です。正直に自分の思いを話すためには、安心して話せる雰囲気が何よりも大切です。「兄弟姉妹の会」で話したことは外に漏れることはない。特に相談会は、マスコミの取材もお断りしています。居場所に関しては、広報の意味もあるので、「当日の参加者全員の了解を得て」取材をお受けすることもありますが、参加者が特定されないような配慮を強くお願いしています。

通知

閲覧の確認

閲覧しようとしているコンテンツは、多くのユーザーが違反報告しており、不快な内容が含まれる可能性があります。閲覧を続けますか?