2019 . 01 . 18

きょうだい児のつらさから考える家族支援

障害児の兄弟姉妹、きょうだい児。きょうだい児には、周囲には理解しづらい困難があるといわれます。健常に(定型発達として)生まれてきたきょうだい児への支援、障害児を抱える親への家族支援について、吉川かおりさんに伺いました。


大人の “きょうだい” が自分らしさを構築するために


 大人になってからの課題は、自分らしさの構築にあると思います。自分らしさを構築するためには原家族との関係、つまり自分が生まれ育った家族との関係を整理することがすごく重要で、この家で自分が身につけたものは何か、それの良かったこと、嫌だったこと、これから何を変えていきたいかというのを点検する。次に自己の再構築をしていく。その時に障害のある人の家族で育ったことをどう整理するかが重要で、これをするには支援がいるだろうと考えています。
 自分の家が特別だったのかとかそれともこれはよくあることだったのかは知りたいじゃないですか。自分にとっての標準を作るためにはそこを知らないとわからないですから。障害のない人たちだって他人の生活体験を知って自分の考えが当たっているのか外れてるのか疑ったり調べたり確認したりするわけです。そこに障害と親のことが加わるので、同じような立場の人と会って、そういうことよくあるよとかいやそれは障害のある人の中でもレアだねとかって言われながら、自己理解をしていくことが必要になります。年齢相応に自己理解を深める機会が足りなかった人は、それを大人になってから過去に遡ってやらなきゃいけないわけです。

Image

吉川さんも開発に携わった家族支援のためのワークショップテキスト(知的障害のある人が自己理解を深めるためのテキストも)



 私は障害者の親の会に関わっていますが、10年くらい前に親にも支援が必要ですって言ったときにすごく抵抗されました。親たちは支援者であって支援される側じゃないとかそんなに弱者じゃないとか言われて。弱者だから支援を受けるという感覚がそもそも違うんですけどね、すべての人が支援を受けているわけですから。きょうだい支援も同じような受け取られ方をする場合がありますが、まずは素直に、支援がある場所に出かけてみるのが大事だと思います。
 
 自分は”きょうだい児”としての背景を持っているのだと気づいたのだけどどうしたらいいのだろう?と思っている人は、身近なきょうだい会に足を運んでいただくことが大事です。そういう対面の関係を怖がらないでほしいです。きょうだい会の人達は、きょうだいが生きてくる中で何があったかということの整理をお手伝いした経験が豊富な人も多いので、大丈夫ですよ。同じような立場の人と話すだけでも、安心することができます。
 それでもやっぱり気が重いとか近くにきょうだい会がないという場合には、機能不全家族で育った人のためのワークブックがあるので、そういうものを使って自分でできる範囲でセルフケアをしていく方法もあると思います。私がお奨めしているのはこのアダルト・チャイルドが自分と向きあう本 ( 続編はアダルト・チャイルドが人生を変えていく本 )で、この本をテキストに使って、書かれているワークに取り組んだこともあります。セルフケアは無理せずやれる範囲でやることが大事です。
 もちろん、育ってきた環境・家庭や学校・地域との関係が良好で、健全に発達するきょうだいもいるので、全員に支援が必要なわけではないですけどね。

通知

閲覧の確認

閲覧しようとしているコンテンツは、多くのユーザーが違反報告しており、不快な内容が含まれる可能性があります。閲覧を続けますか?